回顧

0B5A3122-20180417
 
今年、何処の桜が一番でしたか?

DSC_1185-20180417

そう聞かれると、難しい。。。

P3190291-20180417

今年は、まさに一気に。
その生命力の爆発に、こちらが追い付かなかったかな。

0B5A2829-20180417

原谷苑は、月曜日から千円に。
どうなんだろうと思いながら、ちょっと桜疲れも。

0B5A2977-20180417

終わってしまうと、まるで夢を見ていたような。
そんな感じが、人生と重なる桜。

0B5A3536-20180417

ソメイヨシノ。
何か意味を求めたくなるほど、力いっぱいに花を咲かせる。

0B5A4157_1-20180417

江戸~明治初期、江戸の染井村の植木職人、造園師によって、
接木によって人工的に作れたとネット情報。
種子が出来て、自然に増える事はない。

0B5A4367-20180417

成長が凄く早く、それゆえ寿命60年説などもあるそうだが、
100年越えの長寿木も。
その辺りも人生に重なる。

0B5A4505-20180417

友人のお母さんに会った。
90歳近い御年齢。
「来年は、見れるかなぁ」

0B5A4821-20180417

百歳時代と言われる現代。
それでも、見れるのは100回。

0B5A5782-20180417

一年、一年。
同じような桜でも、今年の桜を見ておかないと。

P3220805-20180417


今夜は、知恩院でミッドナイト念仏。
翌朝七時まで、小さな木魚を、淡々と打ち続ける。
受付随時、出入り自由、無料。


555A9683-20180417

平成八年から始まり、年々参加者が増加。
2015年は、1800人の参加。
待ちの行列も、時間帯によって様々。
未体験の方は是非一度。
何とも言えない空間が、待ってます。






洛北の地

0B5A6010-20180417

大田の沢のカキツバタ。
少し、蕾の様なのが見えるものの、まだですね~。

jpg b-20180417

折角のお休み。
どこぞ無いかと。
大原へ。

0B5A6081-20180417

21日の土曜日から、ライトアップの宝泉院も気になる所。
さすがに、大原女には変身出来ません。(笑)

0B5A6091-20180417

今回から、ウォーターマークを右下に。
見にくくなったら、ごめんなさいね。

0B5A6118-20180417


0B5A6132-20180417

時間は、午後四時を過ぎた辺り。
もう人の姿も少なく。
撮影には、ピッタリの時間。(*^_^*)

0B5A6138-20180417

0B5A6144-20180417

0B5A6150-20180417

実光院に行きたかったのですが、すでに閉門。
シャクナゲが見頃 とあります。

0B5A6174-20180417

宝泉院へ。
閉門の30分前。
遅い時間にも関わらず、優しい対応頂き有り難うございました。

0B5A6182-20180417


0B5A6198-20180417

ニューヨークから来たおじいさんと2人だけ。

0B5A6214-20180417

膝が痛いというと、スタッフさんが椅子を用意。
優しい対応。
その椅子を持って、ここからがいいですよと私もリコメンド。
樹齢700年の松も、相変わらずの存在感。

0B5A6219-20180417

今日一のショット。
この時間ならでは。
いつ見ても、美しい額縁構図。

0B5A6264-20180417

おじいさんとは、もう少しお話したかった所ではありますが。
ちょっとした旅の出会いも、いいもの。
お元気で。

0B5A6384-20180417


新緑スポット

DSC_7635

紅葉スポットが、新緑スポット。
まぁ、当たり前と言えば当たり前。(^_^;)
でも、紅葉シーズンほど混んでないのがいい。

DSC_7654

緑一色の真如堂。
緑に染まるなんてのは、おかしい日本語かな。

DSC_7707

本堂前。

DSC_7718


菩提樹の蕾が、少し膨らんで。

DSC_7735

向かって左手の沙羅の葉も美しい。

DSC_7741

DSC_7756

美しい風景に、言葉は要りませんね。


DSC_7795


DSC_7821


DSC_7842

プチ知識。
羽子板の羽根の玉は、この木の種子。
子供が病に患わないように。

DSC_7792

最近のこめんと