禅の教え

IMG_0015 (262x400)

日本に禅宗を取り入れたといわれる栄西禅師。
臨済宗の開祖であり、建仁寺の開山。

IMG_0036

「ようさい」と呼ばれる。
時に、「えいさい」とも。
似た例では、永観は「ようかん」「えいかん」
私的には、「えいさい」「えいかん」が親しみ深いが。(^_^;)

IMG_0046

それは、さておき方丈へ。
ここは、私にとって写真撮影が許される有り難いお寺。

IMG_0051

大らかな気持ち・自由な心。
生まれ持ったものを、いつしか失くしていないだろうか。。。

IMG_0061

簡素に生きる事こそ、禅の教え。
知らない間に、色々なものがくっついてしまっている自分。

IMG_0106

いつの間にか、バッグには要らないものも沢山。
重くて肩こりになったりして。。。
まさに、煩悩そのもの。

IMG_0081_1

最近、小さいカバンに変えた。
あまり、物が入らないと妙に不安だが、楽になった。

IMG_0098_1

ただ、また一つカバンが増えた。。
あっさり、捨てればいいのだが。。
う~ん、上手くいかないものだなぁ。。

IMG_0202








半夏生

IMG_0425

夏至から数えて11日目の節目。
農家にとって、大事な日とか。

IMG_6110

魚屋に行くとタコを食べようと書いてある。
夏のタウリン補給かな。(笑)

IMG_0250

京都感動案内社のプレミアムウォークで、
建仁寺へ。

IMG_9993

まずは、塔頭の両足院。
ハンゲショウが真っ盛り。

IMG_0418 (259x400)

白く見えるのは、葉。
花は、その横にヒョロッと頼りげなく。

IMG_0324

時に、半化粧とも呼ばれる所以。
古くは、片白草とも。
葉の裏は、緑。

IMG_0326

花を受粉させるための植物の知恵とか。
改めて、自然の巧みさに感心。
それを聞いた母が、「それで女性もお化粧をするのかも」(笑)

IMG_0310

毎年、お茶室で頂く御饅頭と御抹茶。
ここは、御饅頭発祥の地でもある。
中の餡は、緑のズンダ。

IMG_0369

+500円ではあるが、ここからの眺めはいい。
池が鶴の形という。

IMG_0384

今が、ベスト。
行くなら、今でしょう。

IMG_0291


蓮の花


DSC00360

紫陽花が、そろそろ終わりを迎える頃。
池の中から、すっと伸びてきた花々。
蓮の花の季節が来ました。

DSCF7646

2012年、男の子の名前ランキング一位だったそうで。
泥の中から、美しい花を咲かせる蓮。
困難に出会っても、くじけず乗り越えてほしいという願いもあるのでしょうか。

DSCF7640

言葉の響きもいい感じ。
蒸し暑いこの季節、清々しさが有り難い。

DSCF7681

鉢植えで、色々な蓮を楽しませて頂ける所お寺もありますね。。
例えば、法金剛院とか。
どんどん、種類って増えて行っているのかな。。

DSCF7648


DSCF7663


DSCF7674

さて、今日はお休み。
昼から、京都感動案内社ツアーの建仁寺 両足院へ。
半夏生が、楽しみです。

DSCF7689

最近のこめんと