2014年05月

まだ OR もう

DSC03069

暦の上では、折り返し。
半年が過ぎようとしている。
早いものだ。

P1080900

まぁ、焦る事は無いか。
四季を考えたら、まだ春が終わったばかりだし。。

DSCN0701

これから梅雨の季節。

IMG_6903

そのあと祇園祭。
暑い暑い京都の夏のはじまり。。

IMG_9502

今年の祇園祭。
先祭と後祭に復活。

DSCN0438

やってみないと。
何事も。

R0020388



いよいよ、夏・・・

R0020468

ここ、二、三日。
気温が急上昇。
暑いです。。(^_^;)
まぁ、夜になると涼しい風が吹き始めて、寝心地はgood!

DSC00035

関西の街歩きがテレビで流行しだして、しばらく経つ。
他の都市でもやってるのかな。。

R0020647

素人ならではのコメントが面白いので、
親しみが持てるのがポイント。

R0020330

確かに、歩いてるとちょっと気になる発見も。
近くに住んでて、知らない通りがあったり。

IMG_9750_1

とある神社。
自販機で、水を買う。
いきなり、しゃべりだす機械。
最後に、
「毎度おおきに! つり銭、忘れんといていや~!!!」
何か、めっちゃ元気。
どうやら、大阪弁。
折角なら、京都弁の自販機も、作って欲しい。

CIMG5987_1

願い事。
これが叶うと、結構いいかも。

DSC03034

最近は、コップの蓋から飲むようだ。
シャツをズボンから出したほどではないが、
最初は、違和感があった。。
慣れると結構。。

DSCN0713

普段スルーしている日常の景色。
探すと、ささやかな幸せ感。

R0020606


ただし、
よそ見していて、事故に合わないようにね。

CIMG6001






お勧めのお寺


DSCN0555

京都をある程度、回ってこられると、次に目指すのは穴場。
「人の少なく、しかも素敵なお寺」。

DSCN0565

中々、その願望をかなえるのは、難しい。
が、、あるにはある。

DSCN0560

市内からのアクセスが、ちと難しい場所や団体お断りのお寺など。
観光化されてないだけに、本来の落ち着きを感じる事が出来る。

DSCN0581

そういった場所は、観光タクシーが良く知っている。
分からない時は、聞いてみるのも一手。
もちろん、私も知っている範囲でご協力。(*^_^*)

DSCN0592


DSCN0623


DSCN0620

年に何度か来ているお寺の一つ。
三宅八幡宮近くの蓮華寺。

DSCN0645

一瞬の独り占め。
嬉しいひと時。
赤の毛氈が、ベストポジションだ。

jpg b




あなたは、なに好き?

IMG_5424

京都を楽しもうと沢山の方々。
じゃ、何がお目当てかと聞くと、これは難しい。
たいていは、行事・仏像・庭・食べもの。
時として、花街の舞妓さんという方もいる。

IMG_5457

私は、庭。
なぜなら、たいていは撮影可能だから。
重いカメラを持って行って、
何も撮らずに帰ってくるほどツライものはない。(^_^;)

IMG_5502

目が弱ってきたからか、緑が嬉しい。
綺麗な花も咲いている。

IMG_5474


IMG_5493

酸素も、街中より濃度が濃かったりして。
体に良い事を、自然に選ぶ年代に。
かつては、あれほど無茶が好きだったのに。。

IMG_5528


以上、詩仙堂から。


深呼吸


R0020616

しとしと。。
梅雨の予感。

jpg b

こちら、岩倉 妙満寺。
安珍清姫伝説の鐘のあるお寺。

IMG_6916

松永貞徳が作った雪の庭の石組。
昭和43年に寺町二条から移築。

IMG_6994


平日の雨の午後。
雨だれの音。

IMG_6950

自然の奏でるメロディー。
静けさとは、無音でもない事を知る。

IMG_6946

拝観者は、誰もいない。
一人で、庭を見る贅沢な時間。
ゆっくりとした時の流れ。

IMG_6964

だが、一人で居るほど不安定なものはない。
薄暗い夕暮れ。
10分もすると、落ち着かなくなってくる。

R0020585

人の声。
車の音。
普段、そんな中で暮らしているからだろうか。

R0020562

心の置き所に困る。
難しいものだ。。

R0020551


最近のこめんと