2015年11月

今秋の一番

DSC_6430

中々、紅葉が進まなかった秋。

DSC_6483


真っ赤な紅葉が見たいなぁ。
やっと願いが叶った善峯寺。


DSC_6509


赤は、人の体も心も元気にしますね。
それゆえ、60の還暦を迎えると赤いものをプレゼントされるのかも。(*^_^*)


DSC_6497

高低差のある広い境内を上ったり下ったり。

DSC_6508


よく、この地にお寺を建てたものだなぁと感心しきり。
まぁ、太腿に乳酸も溜まりますが。

DSC_6543

再興したのは、徳川綱吉の生母 桂昌院。
あの玉の輿の主人公。

DSC_6561

三代将軍家光の側室に上った西陣のお玉さん。
数々の京都のお寺を再興しているお方。

DSC_6623

今宮神社に行くと、玉の輿守りが授与される。
女性が活躍する現代。
逆玉守りも、需要が出てくるかも。(笑)

DSC_6658

そろそろ

DSC_6245

今年は、色づきが遅くて、真っ赤な紅葉探しにひと苦労。
グラデーションを楽しむのも、一興の年となった。

DSC_6215

こちらは、西山の善峯寺。
西国三十三か所霊場、第二十番札所。
SHIMAさんから、紅葉が良いとの情報を得て、参上。

IMG_0671

確かに、情報通り。
やっと、モミジに出会えたという感じ。

DSC_6361

日本一の晴男、なぎら氏のお陰で日も差して。
モミジは、裏から見るのが一番。

DSC_6390

天然記念物の遊龍の松とのコラボも素敵。
紫陽花の頃には来たが、秋は初めて。
四季折々、楽しめるお寺。

DSC_6422

遠く、京都の街並みを望む。
平安の世、この距離感が、好まれたのかも。

IMG_0670

真っ赤な紅葉に、中々出会えなかった今年。
ちょっと、出し惜しみして、次回に分けて。(笑)

DSC_6287

西山の古刹

DSC_5906

連休が終わり、ホッと一息。
中々、行けなかったお寺の一つ、金蔵寺へ。
東山近くに住む私にとって、遠く感じる西山一帯。
空いていれば、車なら一時間もかからないのだが。

DSC_5946

ハイキングコースにはいいが、道が細いから車は厳しい。。とか。
「秋は、やめた方が、、、」とか聞かされ、ビビりが入っていた。

DSC_5965

確かに、車一台しか通れない道が、何か所か。。
ここで、ガッチンコしたら、辛いなぁ。。って。
何とか4、5台の車との離合も、やり過ごし、
バックしたのは一度だけ。(^_^;)


DSC_5899

うわさ通りの素敵な佇まい。
アクセスが難しいほど、穴場の公式通り。

DSC_5932

階段を上がる。
静かな境内。
数人の参拝者が、思い思いに秋を楽しむ。

DSC_6145


DSC_6016


DSC_6128


DSC_6068


DSC_6059


DSC_5949


もし、次に来るとしたら。。
近くのバス停から、歩いて訪れるか、タクシーか。
運動不足の太腿。
ヤバいなぁ。

DSC_6154





連休 中日

IMG_0050_1

中々、真っ赤になったという話が聞こえてこない今年の紅葉。
気をもんでいます。

IMG_0038

鴨川沿いのモミジは、まずまず。
お気に入りのいろはモミジが、
三条~四条間にあるのだが、どうだろう。

555A9837


少し冷え込んできた。
あと一週間が勝負。
今年の紅葉も終わりを迎える。

IMG_0036

明日は臨時営業。
もうひと頑張りして、明後日は紅葉狩りだぁ。

R0024357

季節のうつろい

555A9210

秋から冬へ。
そろそろ12月も見えてきた。

555A9219

堀川寺ノ内を上った辺り。
この辺り、落ち着いた雰囲気がいい。

555A9709


555A9720

近くには、表千家に裏千家。
お向かいの本法寺へ。
涅槃会に、長谷川等伯の画を拝観に来た記憶。

555A9234

落ち付いた境内の雰囲気が、いい。
本阿弥光悦作と伝わる「三つ巴の庭」。

555A9260


555A9266


555A9311

上から見ると、三つの巴があるのだそうだ。
上から見る。。
その辺りの発想が、光悦なのだろうか。

555A9298

灯籠の下にマリア像が掘られてる織部燈籠。
神様への信仰の深さは、今はどこへやら。
科学の発達も、良し悪し。

555A9354

今年の紅葉の色づきは、あまり進んでいないと聞く。
それでも、観光スポットは凄い人らしい。

555A9627

少し離れて、この辺り。
京都らしさを感じられる上京の街なみを楽しむのも一手。

555A9582

近くの人形寺のモミジも、もう少し。
う~ん、じれったいなぁ今年は。。(^_^;)

555A9737


最近のこめんと