2016年07月

観蓮会

DSC_0802


今、法金剛院では蓮が盛り。


DSC_0643

色とりどりの花が、池を中心に咲いている。

DSC_0620



DSC_0593



DSC_0584

これからの蕾もあれば、散ってゆく様も。
よく、人になぞらえられる花。

 花の色はうつりにけりな いたずらに
  わが身世にふる ながめせしまに (小野小町)

DSC_0602

店の前を、毎夜、若い男女がワイワイガヤガヤ。
とても楽しそうに歩いている。
いつからか、若いっていいなぁとつい口にするようになった。

DSC_0650


人の命も花の命も、はかない。
盛りの時に、大いに楽しむのは同じ。

DSC_0634

違うのは、
人は、年をとっても楽しむ術を持つ事が出来る事。
最近、活躍する年配者の多い事。
うちの母も、同じかな。(*^_^*)

DSC_0752

今の私は、まだ若さへの執着があって、
ジム通いをして、アンチエイジングの日々。
筋トレとプロテインで、腕っぷしは、前の様に太くなりつつあるが、
どうも、回復が遅い。(笑)

DSC_0794


変わった実。
仏手柑。
初めて見た。
裏手の宝物館右手。

DSC_0785

人は人、我は我
我行く道を我は行くだけ
いつか、そういう心境になれるのか、なれないのか。
どうだろう。。。

DSC_0761

着々と

DSC00351

祇園祭の前祭が済んで、落ち着いてしまった感じの街の中。

DSC00360

はたまた、閑古鳥が鳴き始めた木屋町界隈。(^_^;)
連休が明けて給料日前ですから、仕方ないか¥¥

DSC00366

17日が祇園祭と思ってる人も多いでしょうが、
実は長い祭。
31日には八坂神社境内の疫神社の夏越の祓い。

DSC00370

後祭に向けて、鉾町では山の準備が着々。


DSC00400

黒主山のロゴ、いいですね。
塗りの黒に赤に文字が映える。
烏丸の新風館、改装中みたいですね。

DSC00388

御朱印めぐりがあるそうですが、
まだ一度も。
仕事があるので、中々ゆっくり回れないし。

DSC00402



IMG_9348

IMG_9321

IMG_9360

北観音山と南観音山。
微妙な違いを見るのも面白い。

IMG_9394


IMG_9415

曳き山といっても、ほぼ鉾の形。
上の松の方向きも、微妙に。。

IMG_9381

IMG_9412

さて、注目の大船鉾。
20日は、曳き初め。
人気は上々。

IMG_9433

今年の目玉。
龍頭。

IMG_9456

迫力ありますね。
今後、金箔が張られるのかな。

IMG_9439

京都検定の新テキストも手元に。
50ページほど、分厚く。
中身も丁寧に改定。
写真も大きく。
老眼としては、字が大きい方が嬉しいが。。

DSC00420

DSC00414_1

発奮材料にと購入したものの。。
中々、前の様に燃えてこなくなったなぁ。(^_^;)

DSC00419


祇園祭 楽しみ方 その2

555A7801

興奮冷めやらぬ、という言葉はあるものの、
終わってしまうと遠い過去のよう。。

555A7782

打ち上げ花火が、散った後の夜空の様に、
何事もなかったような河原町通。

555A7514

二年前から、後祭が復活したので、もう一週間楽しみは残るのが嬉しい。
今年、龍頭が復活した大船鉾に期待が高まる。

555A7509

タイトな四条通から、少しワイドな河原町通へ。
更に、広々と見渡せる御池通り。
新町通りが、一番タイトで見応えがあるという。

555A7654

河原町通りなら、知ってる人が来ると声をかけたりも、
蟷螂山に拍手をして、カマキリをハッスルさせたりも。
御池通りは、観覧席がある分、ちと距離があるかな。

555A7566

祇園囃子。
鮮やかな朱色に縁どられた鉾。
参加される方々。
楽しみ色々。
それで、暑くても待つことが出来るのかも。

555A7828


夜は、御神輿。
午後八時過ぎ。
まったく異なる熱気。

DSC00156

威勢のいい担ぎ手。
「ホイットー、ホイットー。」
揺れる神輿に、思わず手拍子。
神様は、今、四条寺町に。

DSC00170


土用の入りを迎えた。
皆さん、身体ご自愛下さい。(*^_^*)

jpg v

楽しみ方 

555A6355

一か月の及ぶ祇園祭。
楽しみ方も色々。
稚児社参~二階囃子~鉾建て~宵山~巡行~神輿。
行事は、もっとある。

555A7061

祇園祭を見る場所を聞かれると、難しい。
それぞれの場所で、味わいが変わる。

555A6841

555A7168

集まってくる新町四条もいい。
出発地点の四条烏丸の緊張感も中々。
四条通は歩道が改築されて、近くで見れるようになった。

555A7097

岬になった所からは、見渡せる。
祇園祭に関しては、好評な歩道。(^_^;)



555A7445

車方、屋根方、曳き子、音頭取りに囃子方。
それぞれの役割を見るのも、楽しい。

555A6835

555A6857

555A7029

555A6895

鉾を装飾している豪華な懸装品も素晴らしい。
まさに、動く美術館。

555A7162

555A7881

555A7888

555A7231

555A6763

最終回は、河原町通から。
そうこういってるうちに、後祭がやってくる。

555A7484

次回は、連写モードを低速にしないと。。
あとが、大変。(^_^;)

555A7299

祭りの後の一仕事

555A6556

17日の前祭の山鉾巡行。
朝、八時過ぎ。
睡眠不足の体に鞭打って、現場到着。
生憎の細かい雨。。。

555A6439

傘を持って、脚立を脇に挟んで。。
これでは、撮れないな。。
カメラが濡れるが、仕方ない。
もういいかと吹っ切れると、強いモノ。

555A6343

撮りも撮ったり、1789枚。
只今、チョイスするも300枚オーバー。。。(^_^;)
アップするのに数日かかるぞ。。(笑)

555A6824

それぞれが、くじ取り式で決められた順番に、スタートラインへ。
抜いていくシーンが見られるのが、面白い四条烏丸手前。

555A6499

長刀の見送りが新調。
伊藤若冲。
今が、旬。

555A6670

御稚児さんが、鉾に乗り込み、いよいよ出発。
それぞれが、四条通を東へ。

555A6577

お尻が少し出ている囃子方。
揺れる鉾の上。
両手は、笛に。
どうやって、安定されてるのか不思議。

555A6853


さて、我らが月鉾も出発。
今日は、ここまで。(^_^;)

555A6964

555A6979



最近のこめんと