2017年05月

フィールドワーク 

P1000528
 
京都力養成コースの中のフィールドワーク授業。
講師は、中江好喜氏。
観光ガイドのプロフェッショナル。
御所の蛤御門を9時半スタート。
通年無料公開になった御所内へ。
御所は、宮内庁管轄。
周りの京都御苑は、環境省管轄。

P1000550
 
入り口は、清所門。
持ち物検査の跡、タグをもらう。

P1000558

一人で来ると、スススッと通り過ぎる御車寄も、
中江講師の楽しくも詳しい説明のお陰で、大いに勉強。

P1000578

諸大夫の間の前。
楽しい話を、全員メモ取りまくり。

P1000592

新御車寄を過ぎ、月華門前を通り過ぎ、承明門前で30分程経過。
メモが追い付かない。。(^_^;)

P1000581

凄い知識量。
レコーダーを作動させておけば、良かったなぁ。

P1000602

天皇陛下や国賓だけが、建礼門からの入場とか。
あの春興殿は、神器の鏡を収めているとか。
すべて、中江先生の頭に知識が入っている。凄いなぁ。
脳波、ダウンロード出来ないだろうか。。(笑)

P1000610

堂々たる紫宸殿。
遠目からの拝観となる。

P1000614


P1000618

奇数は、吉数。
階段は、整数の最大の9の倍数の18段。
横の階段は、9段。
屋根の形、垂木の組み方、扁額を書いた人。。
これからメモを整理しないと。。

P1000627

紫宸殿は、禅宗様建築になっている事、
清涼殿前では、笹と竹の違い(笹は、皮が付いたまま)や、
衝立には天皇陛下の282の年中行事が書いてあること、
伊勢神宮の方向を拝む場など色々。

P1000631

小御所で、幕末に小御所会議。
御学問所で、王政復古の大号令。
ガイド頂くという事で、味わいが一変した御所。

P1000653

P1000663

P1000668

出口でタグを返した時間が、10時35分。
こんなにたっぷり楽しんだ御所は初めて。
堪能しました。(*^_^*)
このあと、相国寺へ。

P1000676

大田の沢 大田神社

555A9526
 
神山や 大田の沢の かきつばた 
ふかきたのみは 色にみゆらむ (藤原俊成)


555A9610

連日いいお天気に、少ししぼみ気味。
盛りは過ぎた感じ。

555A9553

毎年、葵祭辺りが、ちょうどいい頃。

555A9602

タイミングが難しいのが花の盛り。
ピッタリ合ったらハッピーですね。(^_^;)

555A9545_1

境内も新緑に包まれて、清閑で落ち着きた雰囲気。

P5180073

タゴガエル。。。

P5180075

どこからか、鳴き声は聞こえては来ますが、姿は見えず。

P5180083

石橋の下。
蛇の枕。
水の神様の蛇の枕だそうで、農機具で叩くと雨が降るとか。

P5180106

左手奥には、大田の小径。
今回は、時間が無いので次回へ。(^_^;)

P5180085
 
カキツバタだけでなく、色々とありますね。
次回は、小径チャレンジかな。

P5180097

新緑 特派員報告

DSC_0008
 
いいお天気。
なぎら特派員も、新緑を求めて嵯峨野へ。
愛機Nikonと共に。

DSC_0014

祇王寺。
秋には、落葉で真っ赤に染まる庭が印象的。
今は緑一色。

DSC_0025

伝えによると、平清盛の寵愛を失った親子と仏御前の四人が身を寄せたお寺。
かつては、静かな隠匿の地。
今は、人気観光スポット。

DSC_0063

続いて、これまた紅葉のスポット、二尊院。
紅葉の馬場とか桜の馬場と言われる参道。
気持ち良さそう。

DSC_0099

なぎら氏と私の構図の取り方の微妙な違いが、面白い。
ただ、綺麗と思うポイントは同じ。
消失点をどこに持ってくるかとか。

DSC_0122

何と言っても、二尊院。
阿弥陀様とお釈迦様が、お二人並んでる。
似た立像なれど、どう違うか良く確認するのもいい。

DSC_0127

鐘楼で、鐘を突く。
自分の為、人の為、世界の為と三回。
ただし、連打は禁物ですよ。

DSC_0159

階段を上ると、市内が一望。
それゆえ、この辺りが貴族の別荘に好まれた所以かも。

DSC_0168

藤原定家の時雨亭の遺跡。
たしか、、、常寂光寺の上にも、、
どちらにしても、この辺り。

DSC_0167

階段を上ると、色々お墓。
坂東妻三郎のお墓に、田村正和の塔婆。
たしか、看板が出てたような。

DSC_0204
 
小倉餡発祥の碑。
そうなんですか。。(*^_^*)

DSC_0196


今日も、いいお天気。
なぎら特派員は、山登りの予定とか。
いいでしょうねぇ。
そろそろ、仕入れに行かねば。。(^_^;)

DSC_0217

路頭の儀

555A8691
 
葵祭の行列が、音もなく静々と通り過ぎてゆく。
その中で、アクセントになるのが牛車。

555A8711


垂れ下がる藤の花が、華麗に揺れる。

555A8738

赤い衣装に身を包んだ引き綱を引く童も、可愛い。

555A8759
 
近頃は、牛の体力不足を人が補う。
人牛一体。

555A8834

555A8799

持って歩く御役は、何にせよ大変。
行列が止まっても、下に置く事も出来ないし。

555A8904

555A9006

555A9071

花笠は、重量的に一番大変。
交代で担ぐが、タイミングもある。

555A8926


555A8944


555A8994

女人列がやってきた。
私的に、心躍る瞬間。

555A9142

通過タイムは、4分間。
連写モード全開。(*^_^*)

555A9125

555A9134

555A9145

祭りのヒロイン、斎王代。
優しい笑顔が素敵。
通り過ぎる瞬間、息継ぎ二回ほど。(笑)

555A9183
 
555A9223

パッと花が咲いたような女人列。
撮影枚数が一気に増える。
後が大変だろうなぁ。と、その時は微塵も思わない。(^_^;)

555A9287
 
青海波の文様は、好き。
城南宮の曲水の宴で奉納された舞を思い出す。

555A9250

女人列が終わると、フィナーレは近い。

555A9333

最後の牛車が通り過ぎる。
まるで、夢を見たかのように祭りは終わった。

555A9369


555A9434

また、来年お会いしましょう。

555A9454


時代絵巻

555A8511
 
昨日は、京都三大祭の一つ 葵祭が挙行された。
今回は、頑張って北大路の賀茂街道付近で。

555A8522

撮影スポットと言われているためか、
北山通り辺りまでの沿道は人で埋め尽くされている。

555A8578

新緑が時代装束を引き立てる。

555A8611

そして、間近。
確かに、撮影スポット。

555A8601


近すぎて、馬さんのガン見にちょっとビビったり。
どうも、一眼カメラのレンズが気になるよう。

555A8865
 
555A8641


御所を出発してから、下鴨神社を経て上賀茂神社。

555A8665

およそ、五時間の道のり。
草鞋の先が、無くなってる人もある。

555A9108

阪神タイガース、絶好調。
関係ないけど、ついつい。

555A8624

今回は、久しぶりの一千枚オーバーの撮影。。
ヒロインの斎王代は、後半に。。(^_^;)

555A8661


最近のこめんと