2018年06月

賛否両論

IMG_1356-20180629

昨夜のワールドカップ。
ゲームに負けて、決勝トーナメント進出獲得。
西野監督の苦渋の決断。

IMG_1373-20180629

正直、見ていて前の二戦から見て攻撃力が落ちて、
日本のパスミスが目立つゲームの中で、
このまま終わって決勝の方が確立が高いようでもあった。

IMG_1365_1-20180629

深夜の木屋町に集まった若者たち。
なんとなく、盛り上がりにかけたようで。
東京・大阪とは違って、落ち着いた感じ。
警察の誘導に、おとなしく従って移動。

IMG_1367_1-20180629

国を背負って、スポーツという戦に出ている日本チーム。
結果を求められる次の試合。
スカッとした侍魂を見せて欲しい。

IMG_1362-20180629



眠れぬ夜

DSCN0707-20180628

暑い夜。
タオルケット一枚も、暑くて乗せられない。
肌寒い朝。
体が、迷っている。

DSCN0690.jpg b-20180628

昨夜は、午前三時頃、雷。
何処か近くに落ちたようだった。

DSCN0695-20180628

最近、眠りに入るタイミングが悪い。
ワールドカップのせいもある。
寝る前に、テンションがアップ。

DSCN0579-20180624

今夜は、ポーランド戦。
大事な試合。
寝るまえに、
勝って決勝進出を決めてもらうと、ぐっすり出来そうだが。

DSCN0713-20180628





穏やかに

0B5A8911_1-20180625

朝から、気温は上昇中。

IMG_8315_1-20180625

予報では、最高気温33℃。

IMG_8274-20180625

救いは、風。
カーテンがバサバサと音を立てるほどの強さ。
部屋の空気が動く。

IMG_0971-20180522

毎日、毎日。
事故や事件で、誰かが亡くなるニュースが続く。
何だか、当たり前になりつつある日常が怖い。

P1070099_1-20180619

来週から、七月。

P1070087-20180619

身体共、ストレスがかかる夏。
穏やかに、穏やかに。

IMG_8398-20180625






夏越の祓い

0B5A8746-20180625

半年分の罪穢れを祓う夏越の祓い。
たいていの神社は、月末の行事。
北野天満宮が、25日の天神さんで一番目。


0B5A8762-20180625

門の茅の輪は、上半分の状態。
昔は、自分用の小さな茅の輪を作るため、
抜かれてすぐにボロボロ。
倒壊の危険があるからとの対策。

0B5A8902_1-20180625

自分用に、左手に材料を用意されている。

0B5A8769-20180626

門前で、「茅の輪は人の罪穢れを吸ったものだから
持って帰るのはどうかな」との声。
それもあるかも。
茅の輪は、祇園祭の蘇民将来子孫也のしるしが由来。
昨年は、ミニ茅の輪を境内で売っていたが、、

0B5A8780.jpg b-20180625

お猿さん。
年中毛皮も大変かな。
でも、夏用と冬用があるのかも。

0B5A8808-20180625

弘法大師と並んで人気の菅原道真。
怨霊となって京都で災いを起こしたとされるが、
出来過ぎてトラップで左遷は、現代社会でも有るだろう。

0B5A8809-20180625

茅の輪くぐり。
左右左と回る人の姿。

0B5A8820-20180625

無心で、思い思いに、八の字を描く。
かつてのフィギュア―スケートのコンパルソリーのよう。

0B5A8849-20180625

今日も、気温はグングン上昇中。
もうすぐ梅雨明け。

0B5A8884_1-20180625



真夏日

DSCN0663-20180625

深夜のワールドカップ観戦。
今日は、定休日だったので、最後まで応援。
先取点を入れられて、これは厳しいなぁと弱気で見てると、
長友のアシスト、乾の鮮やかな同点ゴールに手を叩いて、「やったー!」。

DSCN0646-20180625

何度も、得点チャンスがあるものの、
「あ~っ」と叫びながら、もう少しという所で決定的なゴールが無く、
引き分けの勝ち点①。

DSCN0671-20180625

でも、良く追いついたと思う。
後半の本田の同点ゴールも、素晴らしい。
二試合連続の活躍。
今までの日本と違う。
世界と戦えるレベルになった。

DSCN0644-20180625

午前二時の木屋町通り。
にも、かかわらず若い人が「ニッポン、ニッポン」と叫びながら、
大盛り上がり。
見知らぬ外国人とハイタッチ。(*^_^*)


DSCN0659-20180625

あの身体能力の高いセネガルに対して、よく引き分けた。
ウサイン・ボルトが何人もいるようなチーム。
結構なラフプレー。
ひじ打ちはするわ、服は引っ張り回すわ。
意外と許されるものだ。
長谷部選手も流血ながら、頑張った。


DSCN0650-20180625


最後まで、ばてる事なく走りきった日本チーム。
まさに、忍者の如し。


DSCN0665-20180625

きっと、次のゲームは花咲くはず。
決勝トーナメント目指して、頑張れ日本。


DSCN0653-20180625

今日の予想最高気温。
32℃。


DSCN0656-20180625
最近のこめんと