母の日のケーキ

DSCN2804

昨日は、母の日。
美味しいケーキを求め、
精華町まで電車で。
京阪、近鉄と乗り継いで。

DSCN2812

車窓に広がる田園風景。
張りつめてた気持ちも、和らぐ。

DSCN2817

約1時間、新祝園着。
爽やかな風が、心地良い。
密集した街に住んでると、
こんな所に、住みたいと心底思う。。

DSCN2840

駅から、徒歩七分。
静かな住宅地の中、
可愛いお店は、昔のまま。

DSCN2826

今日でお店を閉店し、
大阪堺へ移転するとのこと。
閉店時の賑わいは、愛された証。

DSCN2823

賑わう店内。
美味しいケーキは?
有った!最後の一個。

DSC_0213_400

ケーキを手に提げて歩くと、
楽しい気分。
喜ぶ人の顔が思い浮かぶからかな。

DSCN2821

傾かないよう。
当てないよう。
気を付けながら、三条まで。

DSCN2853

かつて一緒に働いた二十代の若者も、
今は立派な社長さん。
新天地で頑張ってくださいね。

DSCN2856




限界点

P5030023

歳を取る程に、体力が落ちる。
回復が、遅くなる。
当たり前。

IMG_1541

現状の自分の体力。
果たしていかがなものか。
時として試してみたくなる。

DSC02370

腕立て伏せは、60~70。
腹筋は、ダメ。
心肺能力は、大いに低下。

DSCN2779

このまま、座して死を待つのか。
いやいや、それは面白くない。
努力は、大事。

DSCN2791

鴨川を南下。
京奈和サイクリングロードへ。

DSCN2796

後ろから、ロードバイクがビュンビュン。
こちらは、太いタイヤだから、
競う気にもならず。

DSCN2793

約45分で、八幡着。
さくらであい館で、小休止。

DSC_0199_400

ここで、やめればいいものを。
地図を見れば、流れ橋。
その先は未知の領域。

DSC_0201_400

つい、好奇心。
山城大橋まで。
ここで、体力の限界。
往復四時間。

DSC_0202_400

戻って銭湯へ。
あら、変わらぬ体重。
ポカリやバナナ、それにアンパン。
補給し過ぎたのかも。

P4260111




疲労回復法

DSC02482

スマホに聞く。
「疲れを取る方法」は?

DSC02488

一に睡眠、二に食事、
三に軽い運動、四にビタミン剤。

DSC02491

一通り、やってみたものの、、
夕方まで取れなかった疲れ。

DSC02514b

その後、友人たちとの楽しいひと時。
今朝は、頭がすッと軽く、肉体的疲労も回復。
不思議。

DSC02496d

疲労回復の決め手は、人との会話。
そういう結論。

IMG_9293

脳の疲れは、一人では取れない。
神様でも、難しい。

IMG_9288


IMG_9286


IMG_9352


IMG_9382

家族や友人との楽しい集い。
それが、一番大事。

IMG_9366

コロナ禍で、行動制限。
溜まった脳の疲れ。
そろそろ、終わりに。

IMG_9343a





最近のこめんと