P6262540

昨日は、一日中雨。
晴耕雨読というものの、
本を持つ性分でもないし。。

P6262556

一日、休みが無駄になりそうで。
と、濡れない京都駅。

P6262581

どこかSF世界のような駅構内。

P6262659

人が戻った京都。

P6262744

人のいない風景に、
物足りなさを感じた三年間。。

P6262652

見えないウイルスに怯えた過去が、
嘘のよう。

P6262680

人の姿のない街ほど恐ろしく。
まさに、SFでよく見る風景だった。

P6262662

人が居てこその街。

P6262695

人と街。
人と自然。

P6262699

増加傾向のコロナの夏。
果たしていかに。

P6262671